安全・衛生
 
 最終目的  
   学校給食用物資の良質・安全性確保  
     
 事業目的  
 学校給食物資の検査並びに製造工場(産地)への巡回調査(視察)・指導及び衛生講習により供給物資の良質・安全・衛生面を確保する。  
 
 
 事業内容  
 1 学校給食用物資品質規格・安全衛生検査  

□ 小麦粉



品質規格検査(蛋白、灰分、水分等)・・月1回実施

ブラベンダー試験(適正テスト)

□ 精米



品質規格検査(水分、鮮度判定、異種穀粒、異物等)・・・毎月
残留農薬検査、DNA検査、食味検査、重金属、放射性物質

□ ご飯





水分、大腸菌群、セレウス菌、黄色ブドウ球菌

□ 牛乳





成分規格検査(無脂肪固形分、乳脂肪等)、放射性物質

□ 一般物資



学校給食会独自の品質規格等検査(食品成分、添加物等)、残留農薬検査
O 157検査(加熱しないで直接喫食する食品)、放射性物質
 
 
 
2 学校給食用物資製造工場巡回調査・指導  

□ パン・米飯


パン及び米穀炊飯工場については、衛生管理の徹底を図るため、一定水準以上の施設設備選定基準を定めて、委託工場として指定しており、大阪府教育委員会との共催で品質・衛生管理について、関係市町村・学校の同行のもと年1回以上立入調査・指導を実施しています。


□ 牛乳


牛乳は、国の「学校給食用牛乳供給事業実施要綱」により一元的に供給されており、牛乳工場については大阪府環境農林水産部との共催で品質・衛生管理について、関係市町村・学校の同行のもと年1回以上立入調査・指導を実施しています。


□ 精米


精米工場は、精米業者選定基準により選定を行い、新米切り替え時期に工場の立入調査・玄米確認を実施しています。
また、学校給食用専用銘柄米※については、収穫前の産地(圃場・玄米倉庫等)の視察をおこない、生育状況や使用農薬の安全確認をしています。


□ パン用小麦粉


製粉工場は、農林水産省からの指定を受けており、衛生管理状況について立入調査を実施しています。

 
           
牛乳工場調査       パン工場調査
 
 
3 学校給食用物資製造・保管・輸送関係者安全衛生講習会  
 
毎年4月に、パン・米飯指定工場に対し、前年度の巡回調査・指導の結果及びクレーム発生状況を踏まえ、工場における衛生管理並びに食中毒の発生についての講習を実施し、11月には、給食物資の保管並びに輸送を委託している事業所も加えて、食の衛生・安全性をテーマにした講師を招いて講習会を実施しています。
 
     
     
4 東京電力福島原子力発電所事故にかかる放射能の対応   
   当給食会では、放射能問題の長期化を踏まえ、当分の間、次のとおり放射性物質の検査を実施します。  
  1) 検査項目

  セシウム-134、セシウム-137


2) 対象物資


 ① 米
  当年度の新米について、各産地JAのサンプル玄米と新米切替時に精米工場がとう精した精米の
  検査を行います。(検査月:サンプル玄米は10月、とう精米は11月)
  また、原子力災害対策本部が求める検査対象自治体(17都県)が産地である銘柄については、
  その後毎月検査を行います。


 ② 牛乳
  
毎学期、各牛乳工場で製造した牛乳の検査を行います。

 ③ 副食類
  
主要原料の産地が、上記検査対象自治体に該当する品目の検査を行います。


 *放射性物質の検査結果は  →  [平成27年4月以降]  [平成27年3月以前]


□ 参考

   放射性セシウムの国の新基準値
      一般食品 100ベクレル/kg、 牛乳 50ベクレル/kg

   厚生労働省(食品中の放射性物質の新たな基準値について)サイト
   http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/iken/dl/120117-1-03-01.pdf

 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
Copy Right @ foundation Osaka school lunch association of public interests. All Right Reserved