学校給食 献立講習会【平成26年度】
▼ 里芋とサツマイモのゴマ風味サラダ(お月見)
▼ クリスピーチキン トマトソース添え
  (クリスマス)
▼ たこやきのみぞれ煮(お祝い給食)
▼ リンゴとチョコのマフィン〜塩麹風味〜
  (バレンタインデー ・ ホワイトデー)

▼ セルフで恵方巻き(節分) ▼ 水無月(暑気払い)
▼ キノコのまろやか豆乳汁(お月見)
     
  赤字で表示されている材料は、大阪府学校給食会取り扱い商品です。
里芋とサツマイモのゴマ風味サラダ(お月見)
材料(1人分)
冷凍里芋(大阪産)
サツマイモ
サヤインゲン

スライスベーコン
ソテードオニオン(大阪産)

35g
25g
1.5本
少々
1/2枚
5g

(a)
・胡麻ドレッシング
・砂糖
・淡口しょうゆ
・塩

12g
2.25g
1.5g
少々
赤字は大阪府学校給食用物資運営委員会開発・選定品
作り方
@冷凍里芋は解凍し、サツマイモと共に小さめの乱切りにする。
A鍋に@、かぶるぐらいの水、塩を加えて火にかけ、柔らかくなれば水気を切り、粉ふきにする。
Bサヤインゲンは、3cm長さに切り、塩を加えた熱湯で茹でる。
Cベーコンは1p幅に切る。フライパンでカリカリになるまでソテーし、ソテードオニオンを加える。
DA、B、(a)を加えてさっと和え、器に盛る。
※胡麻ドレッシングの代わりにマヨネーズとマスタード、
  またはクリームコーンと酢を加えてもよいでしょう。
※ソテードオニオンを加えることで、手軽にコクのある味に仕上がります。
クリスピーチキン トマトソース添え(クリスマス)
材料(1人分)  

鶏モモ肉
塩、コショウ
(a)
・米粉
・水
大豆の華(フレーク)
サラダ菜
米油

30g
各少々

2.5g
4g
10g
1枚
3g
<トマトソース>
タマネギ
セロリ
ニンニク(みじん切り)
トマトの水煮
塩、コショウ
砂糖
米油

5g
2.5g
0.07g
37.5g
各少々
少々
1.5g
赤字は大阪府学校給食用物資運営委員会開発・選定品
作り方
@鶏肉は2切れに切り、塩、コショウする。
A(a)、大豆の華を順につける。
Bオーブン皿に並べ、米油をかけて、220℃のオーブンで約8分焼く。
<トマトソースを作る>
Cタマネギ、セロリはみじん切りにする。
Dフライパンに米油とニンニクを入れて弱火にかけ、香りが出ればCを加えてじっくり炒める。
つぶしたトマトの水煮を加えて約10分煮込む。
E塩、コショウ、砂糖で味を調え、器にBを盛り、Dとサラダ菜を添える。
※衣は、卵・薄力粉の代わりに水で溶いた米粉を、パン粉の代わりに大豆のフレーク を使用しました。
※サラダ油の代わりに米油を使用しました。
※鶏肉の代わりに白身魚、大豆フレークの代わりにコーンフレークを砕いて使用しても 良いでしょう。
たこやきのみぞれ煮(お祝い給食)
材料(1人分)  
たこやき(大阪産)
ダイコン
ショウガ(すりおろし)
三つ葉
3コ
50g
2.5g
1本
(a)
・出し汁
・みりん
・淡口しょうゆ
・塩

カップ3/4
小さじ1/2
小さじ1/2
少々
赤字は大阪府学校給食用物資運営委員会開発・選定品
作り方
@たこやきは230℃のオーブンで約5分焼く。
Aダイコンは皮をむき、すりおろしてザルにとる。
B鍋に(a)とAを入れて温め、たこやきを加えて軽く煮る。
C刻んだ三つ葉を加えてひと煮立ちさせ、生姜を加えて混ぜ、器に盛る。
※たこ焼きの代わりに厚揚げや白身魚のソテーを使用しても良いでしょう。
※シメジやえのき茸・なめこ等のきのこ類を加えてもおいしいです。

リンゴとチョコのマフィン〜塩麹風味〜(バレンタインデー ・ ホワイトデー)
材料(直径6p高さ4.5p マフィン型1コ分)  
バター(食塩不使用)
砂糖

(a)
・塩こうじ
・牛乳

12.5g
10g
10g

3.75g
3.75g

(b)
・薄力粉
・ベーキングパウダー
ドライフルーツ(リンゴ)
チョコチップ


20g
0.5g
5g
2.5g
赤字は大阪府学校給食用物資運営委員会開発・選定品
作り方
@ボウルにバターを入れてクリーム状に練り、砂糖を2〜3回に分けて加え、
  白っぽくなるまですり混ぜる。

A卵を少しずつ加えながら混ぜ、(a)を加えてさらに混ぜる。
B(b)を加えてツヤが出るまで混ぜ、ドライフルーツ、チョコチップを加える。
C型に分け入れ、180℃のオーブンで約25分焼く。
※塩こうじを加えることでドライフルーツの甘さが引き立ちます。
※さまざまなドライフルーツでアレンジが可能です。お好みでココア等加えても良いでしょう。
セルフで恵方巻き(節分)
材料(1人分)  

ほうれん草
ニンジン
たけのこ水煮(大阪産)
太モヤシ

ごま油
豚モモ肉

75g
25g
20g
20g
20g
少々
3g
40g

(a)
・しょうゆ
・すりゴマ
・塩
・砂糖
・酒
焼のり

7.5g
3g
少々
1.5g
2.5g
2枚
赤字は大阪府学校給食用物資運営委員会開発・選定品
作り方
@米は洗って水加減し、約30分浸水し、炊飯器で炊く。
Aほうれん草は塩を加えた熱湯で茹でて冷水にとり、水気を絞って4〜5p長さに切る。
Bニンジン、たけのこはマッチ棒状に切り、太モヤシと共に塩を加えた熱湯で茹でる。
C豚モモ肉は2p幅に切る。
D(a)は合わせておく。
Eフライパンにゴマ油を熱してCを炒め、Dを小さじ3/4加えて味をなじませ取り出す。
FEのフライパンにごま油を熱し、A、Bを炒める。残りのDを加えて味をなじませ取り出す。
G器に@、E、Fを盛り、焼き海苔を添える。
※自分で焼のりにお好みの具をのせて、手巻きずしにして食べます。
水無月(暑気払い)
材料(アルミケース 1コ分)  
(a)
・くず粉
・白玉粉
(b)
・薄力粉
・上新粉
・砂糖

熱湯


2.5g
2.5g

10g
7.5g
20g
19ml
19ml

かのこ豆 10g
作り方
@(a)を水の一部で溶く
Aふるった(b)に@と残りの水を加えてよく混ぜ、こす。
  熱湯を加えて混ぜる。

Bアルミケースに生地を流し入れてかのこ豆をちらし、強火で蒸す。
※薄力粉の代わりに米粉でも作れます。
※水無月(みなづき)は6月30日の夏越の祓(なごしのはらえ)にいただくお菓子で、
  厄をのがれ、夏を迎えようとする気持ちを込めて食べられていました。
  当時高級品であった氷を外郎(ういろう)であらわした、との説もあります。

キノコのまろやか豆乳汁(お月見)
材料(1人分)  
シメジ
シイタケ
エノキ茸
ダイコン
ニンジン
冷凍里芋(大阪産)
トビウオつみれ

青ネギ

12g
12g
12g
12g
7g
2コ
4コ
5g

出し汁
味噌
豆乳(成分無調整)
100ml
10g
50g
赤字は大阪府学校給食用物資運営委員会開発・選定品
作り方
@シメジは石づきを取って小房に分け、シイタケは薄切りにする。エノキ茸は根元を落として半分に切る。
Aダイコン、ニンジンは短冊切り、冷凍里芋は解凍して1コを4等分に切る。
B鍋に出し汁を入れて火にかける。煮立てばA、トビウオつみれを加えて煮る。
C野菜が柔らかくなれば@を加えてさっと煮る。味噌を溶き入れ、豆乳を加えて温め、
  小口切りにした青ネギをちらす。
※牛乳の代わりに豆乳を使用しています。
※トビウオつみれの代わりに鶏団子や鮭つみれ等も良いでしょう。
 
Copy Right @ foundation Osaka school lunch association of public interests. All Right Reserved