給食物資
 
物資の案内>取扱商品:牛乳

○ 取り扱い内容
牛乳は食品衛生法に基づき「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によってその成分規格、製造及び保存方法等の基準が定められている。
大阪府の給食用牛乳は 『大阪府学校給食用牛乳供給対策要綱』により供給を行っている。


○ 牛乳の規格基準
 【学校給食用牛乳の成分規格】
項目
学校給食用(大 阪)
市販用(厚労省乳等省令)
無脂乳固形分
8.20%以上
8.00%以上
乳脂肪分
3.40%以上
3.00%以上
比重(15℃)における
1.028以上
1.028以上
酸度(乳酸として)
0.18%以下
0.18%以下
細菌数(標準平板培養法1ml)
50,000以下
50,000以下
大腸菌群
陰性
陰性


○ 安全で安心な牛乳
ア.牛乳の品質規格及び一般性細菌検査を実施している(年一回)
(比重、酸度、乳脂肪、無脂乳固形分、細菌数、大腸菌群)検査先 → 大阪食品衛生協会 食品検査センター

イ.工場の巡回調査の実施
財団は、牛乳の安全性の確保のために、牛乳工場に府の関係機関と年1回立ち入り、施設設備、衛生管理、品質管理等について調査している。
工場の巡回調査


○ 学校給食用牛乳供給経路

学校給食用牛乳供給経路


学校給食用牛乳製造工場一覧表



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
Copy Right @ foundation Osaka school lunch association of public interests. All Right Reserved